森田誠の犬のしつけマニュアル








犬のしつけマニュアルDVDのセット


注文はコチラから
(商品内容:しつけマニュアル本160ページ + 選べるDVD 2枚 + 特典)



特典「選べるDVD 2枚」について


しつけ教室や警察犬訓練所などで、動物行動心理学に基づいたしつけや訓練を行っても、なぜ問題行動が改善されないのかなどを脳科学の視点から分かりやすく説明をしています。 ご購入者の方々は全てが目からウロコで、なんでダメだったのかしっかり理解できる内容だと大変好評です。

その他、ストレスの反応や心理学についても非常に分かりやすく説明をしてありますので、犬という動物に対してどう接したらいいのかが、しっかり理解できる内容になっております。

犬の習性や本能等について、また脳科学・ストレス学・心理学に基づいてわかりやすく説明しています。 犬をしつけるには犬という動物を知らなくてはなりません。 犬のしつけ育成は原点の考え方がとても重要です。 このマニュアル本はご愛犬を愛する方の最適なバイブル書になることでしょう。







森田誠独自の犬のしつけ方は、世界各国で大反響です



なにが新しくなったの?


注文はコチラから
(商品内容:しつけマニュアル本160ページ + 選べるDVD 2枚 + 特典)



特典「選べるDVD 2枚」について




森田誠
こんにちは。森田誠です。

私は、1975年から犬のしつけや訓練を今日までおこなってきました。
今年で34年目になります。

警察犬の訓練、介助犬の訓練、聴導犬の訓練、フリスビードッグの訓練、テレビや映画に出演するムービースター犬の訓練、そしてコンパニンオンドッグの育成。

現在はコンパニオンドッグといわれる家庭犬のしつけと育成を専門として活動しています。

2006年11月にテレビで放送された、「TVチャンピオン【ダメ犬しつけ王選手権】」で優勝させていただいたことがありますので、もしかしたらご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

そして警察犬の全国大会でも沢山の犬をチャンピオンGにしてきました。

しかし、ボールや食べ物を使っていうことを聞くように訓練した犬、また「叱る・褒める」でしつけた犬が人間と同じように家族の一員、社会の一員として、迷惑をかけない良い子になるだろうか・・・と自分に問いかけたとき、答えは「NO」でした。

そして私は世界中の様々な国へ何度も行き、海外のしつけや訓練の考え方や技法を視察してまわりましたが、海外でもほとんどが「食べ物」と「命令」と「叱る・褒める」のしつけ方が行われており、日本となんら変わりありませんでした。

それでも違うと感じていた私は、独自で脳科学・ストレス学・動物行動心理学・児童心理学・犯罪心理学など様々な心理学や遺伝子学の専門書を読みあさりました。

そして、ついに答えを見つけたのです。犬のしつけ育成は、脳科学とストレス学と感情の心理学の中に答えがあったのです。たとえば、犬の脳の領域では「叱られたこと」「褒められたこと」が、理解して処理できる能力が無かったのです。

また、一般に行われているしつけ訓練は犬の狩猟本能と条件反射を利用した、形だけを教える動物行動心理学だということが分かったのです。

それ以来、犬を科学し独自で困らない心理の犬のしつけ方と育成を行ったところ命令のいらない困らない心理の犬が育まれてきたのです。

私はこのしつけ方や育成が医学的・科学的な面からも自信を
持っているので皆様に動画でその成果をお見せすることが出来るのです。

森田誠は人間と同じ感情を持った犬に、ご褒美をあげる代わりに「おすわり・まて」などをさせるしつけ方や育成方法が間違っていると考えています。

この方法では、良い心理は育めないということは心理学の世界から見ても明らかです。

現在日本の多くの方がやっているしつけ方法は、

「おもちゃをあげるから、おすわりしてね」
「おやつをあげるから、こっちへ来てね 」

といいったものです。

しかしその方法では、犬をしつけるどころか余計に手に負えない犬の野生の本質を育ててしまっているのです。

「愛犬と楽しく豊かに一緒に暮らしたり、旅行に行ったりするのが夢だったのに・・・」
「毎日犬と楽しくお散歩をするはずだったのに・・・」

今では、家族や近所に迷惑をかけ、癒しどころかストレスになってしまい、毎日疲れてしまっている飼い主さんがとても多いのです。

今までのしつけ方をどんなに頑張ってもうまくいかないのは、そのしつけ方法は犬の本質を育んでいるしつけだからなのです。そんな生活から抜け出し愛犬と夢みた生活のために、今、一歩ふみ出して一緒に愛犬のために頑張りましょう。



おもちゃやおやつを使ったしつけ方法は間違っていた!!なぜなら・・・

犬の行動心理学

犬の行動心理学の視点から話をすると、おもちゃやおやつがほしくて言うことを聞いているということは、犬の本来もっている、獲物を追いかけるという狩猟本能に働きかけていることになります。

つまり、狩猟本能という攻撃的な野生の本能を強めることになります。

ですから、実は今までのしつけ方法では、しつけをする前よりも、

しつけをした時のほうが余計に
手に負えない犬になってしまうケースがたくさんあるのです。

野生の本能が強くなると、野生の特性である、人や犬に対して吠えたり、動くものに対して向かっていこうとする行動(狩猟本能)が日に日にひどくなります。

犬が人間社会で生活する以上、犬の攻撃的な野生の部分は必要ありません。

大切なのは、愛犬が我慢して従うのではなく、「従うのがうれしい」という気持ちで、あなたと一緒にいられること

おやつやおもちゃを使ったしつけ方法は、飼い主の言うことをきけば、ご褒美をもらえるという、獲物を獲得するゲームだと犬は捕らえています。

あなたの言うことに従っていると言うよりは、獲物がほしいから、オスワリなどの行動をしているだけで、 従っている訳ではありません。

おやつやオモチャを使って築いた愛犬との関係は飼い主さんを信頼して従っている「心」の関係ではなく、おやつやオモチャがほしいから、従っているフリをしている「モノ」との関係なのです。

私のしつけ方法がよそで行なわれている方法と違うところは、

「人の愛情に喜んで従いたい」という心理を育てていくことにあります。

つまり、あなたの愛犬が、飼い主であるあなたを信頼して従うようになる「心」の関係を築く方法です。



しつけ教室に預けたい?でも、愛犬と信頼関係を築くのは、私ではなく、あなた自身です

犬の訓練士に、しつけをしてもらいたいという方もいらっしゃいますが、よく考えて下さい。
愛犬と信頼関係を築くのは、他でもないあなた自身です。いくらしつけをトレーナーの人が教えても、あなたがしつけ方法や犬への接し方を学ばなければ、結局もとに戻ってしまいます。

つまり、

あなた自身が、ご愛犬と信頼関係をはぐくむためには、あなた自身が、しつけ方、そして犬への接し方を覚える必要があるのです。

信頼関係が築できれば、問題行動を起こしていた犬でも、
見違えるように穏やかで従順な良い子になります。






注文はコチラから
(商品内容:しつけマニュアル本160ページ + 選べるDVD 2枚 + 特典)




特典「選べるDVD 2枚」について









Copyright2009 Dog Training Road.All rights reserved